先日TVでタレントさん達がチャレンジしていた
「6パック(割れた腹筋)を作ることができるのは誰か?」的な企画での
“腹筋を割るためにするべき努力”について書きたいと思います

記憶が薄れてきてしまいましたので、覚えている限りではありますが・・・・

 腹筋  ←高1息子の6パック

 

☆1日40分以上の有酸素運動をする

ウォーキング・ジョギング・サイクリングなど。
40分間以上の連続した状態で“脂肪燃焼状態”を作ってください。

☆腹筋を鍛える

腹筋は誰にでもある筋肉です。筋肉は鍛えれば発達します。
ということで・・・腹筋運動も行った方が良いそうです。

☆高カロリーな飲食をむやみにしない

腹筋はあっても、その上に分厚いしぼうが乗っていたら、
腹が6つに割れてみえることはありません。
油もの・高糖度なもの・アルコール等の高カロリーな飲食は我慢しましょう。
炭水化物は糖になるので、炭水化物の摂りすぎは気をつけましょう。

☆食事の摂取量をひかえる

燃焼するよりも、摂取するエネルギー量が多いと痩せるどころか太るのは当たり前。
必要以上に食べることはやめましょう。

☆食事は抜かない。3食キチンとバランス良く食べる

ハリウッドセレブのダイエットメニューは、低カロリーでバランスのよいものを
少量づつ毎日6食程度に分けて摂る・・・と聞いたことがあります。

人間も動物なので、クチから食物が入らないと、体が危機感を感じてしまい
“冬眠前の動物”のように、脂肪を蓄えに入ってしまうからだそうです。

脂肪を蓄えにせず、体が安心して“エネルギー燃焼”にまわすように、
食事の間隔を短くしてあげる・・・のが良いそう。

もちろん「ちょこちょこ食べ」をしたがために、摂取カロリーが必要量をオーバーしたのでは
もともこもありませんから。。。
“ちょくちょく・ちょこっと”は基本です。

しかしながら、だらだらと食べるのは胃腸に負担がかかりますので・・・
豆乳・バナナ・プロテイン・乳製品などを、間食として少し食べるのが良いそうです。

☆繊維質はたくさん摂る。

便秘防止効果ももちろんですが、繊維質は腹持ちが良く、
コレステロール・インスリンのコントロールもしてくれます。

☆ブロッコリーがオススメ

加熱してもビタミンCが残りやすいそう。
ビタミン・ミネラル・繊維質が豊富なので、ダイエットにはオススメの食材。

 

以上が記憶に残っている「6パックを手に入れる方法」です。

平たく言えば、有酸素運動・無酸素運動(筋トレ)・ダイエットを実行すること。

ダイエットといえば、赤身のお肉・良質の脂(オメガ3脂肪酸)といった
「ダイエットの敵」と思われがちなものも、きちんと摂らないといけないそう。

脂質・たんぱく質・炭水化物・ビタミン・ミネラル・・・・
そういった全ての必要な栄養素をバランス良く摂ってこそ、
燃焼しやすい健康な体作りにつながります。

酵素が豊富な果物を朝食に加える。
夕食は早めに済ませる。寝る前は食べるものをクチにしない。
そういったことも心がけてくださいね。

そして、最後にコレ、ココが大事~!!(笑)

インナーマッスル=大腰筋を鍛えましょう☆
大腰筋が衰えてのびてしまうと、お腹に脂肪がつきやすくなり、
内臓が下垂して姿勢も悪くなるので、腹筋を鍛えても意味がなくなってしまいますから!!

鍛え難い大腰筋を鍛えるには・・・メタボシェイプが効果的です!!

 

 

 

↓楽天市場のダイエット商品はコチラ↓