簡単に言うと『食事日記をつけることで、 食べすぎを防止したり、
食事のバランスに気をつけたり、さらには生活そのものを見直すというような
「意識改革」から結果を出していくダイエット』・・・だと思います。

2007年に岡田斗司夫氏が1年間で50キロものダイエットに成功し、
その貴重な体験を本に綴ったことから、
食事日記をつけるという 「レコーディングダイエット」が注目されるようになりました。

慣れないうちは、食事をメモするだけで良いそうですが、
癖づいてきたら、カロリーを書き出していくとさらに効果が出るようです。

岡田氏の話題の著書はコチラ
 

毎日同じ時間に体重・体脂肪を測定して記録していくと、
結果(変化)がわかりやすいですし、
数字という目に見える結果は励みにもなります。

gooダイエットに岡田氏ご本人監修らしき
「レコーディングダイエット」特集が ありましたので、
よろしかったらご覧になってみてくださいね!! ⇒ダイエット > 特集 > レコーディングダイエット

 

実際に食事の都度メモを取る・・・ということをしてみての感想は。。。

*後でメモろうと思ったらダメ!! その場で記録しておかないと、忘れちゃうし、面倒になる。

*初めのうちは、あまり細かく書こうと思わない方がいいかも。気分的に負担になるから。

*メモるというよりは、写真で残すほうが楽。後から画像を元に、内容を書くのがGOOD!

。。。ということです。
 

私はスマホとPCで「食事・採寸・体重・メタボシェイプ使用」記録の管理をしていますが、
Evernoteを使っています。

食事を始める前にスマホで写真を撮り、食事が終わってからスマホのEvernoteアプリで、
時間や簡単な内容を入力しておきます。
それを週に1度、PCに同期したデータから、エクセルへコピペして整理している感じデス。

私の場合、ブログでデータを使いたいという目的があるので、
PCと同期できるこの方法が便利なのですが、
スマホでの管理だけでOKな場合は、eat-app NumRecorder がオススメです。

*かんたん食事レコーディングアプリ 「eat-app
*体重や筋トレ回数などの記録に便利なライフログ・アプリケーション
「NumRecorder」アンドロイド版

 

見やすい・簡単という点では、アナログに市販されている日記や
カレンダーの類の利用もいいかも。

とにかく、忘れないうちに記録を取ること!!ここがポイント~

 キチンと遂行することができれば、ダイエット成功率はかなり高いということですから、
一度試してみてくださいねー♪