メタボシェイプには、専用の「粘着パッド(導子)がついています。

P1060127   P1060137

 

粘着パッドは、保護シートから剥がして、肌に貼り付けて使います。

P1060139   P1060144

貼り付け使用例はこんな感じです↓

P1060133

使用が終わったら、元のように保護シートに貼り付けて保管しますが、

当然、貼ったり剥がしたり・・・と繰り返しているうちに、粘着面が劣化してくるので、

粘着力が低下して、肌への密着性が薄れてきます。

 

↓コチラの画像は、劣化した粘着パッドと、未使用の粘着パッドデス。

P1070781  P1070784

(向かって左が古いもの・右が新品)

 

これはもう一目瞭然ですよね。

P1070782 P1070783

劣化すると、密着性が悪くなって電気の伝導率が下がるだけでなく、
やけど・発赤・痛みの恐れがあるので、パッドはあまり古くなる前に交換をしてくださいね!!
(開封後1ヶ月・20回を目安に・・・と推奨されています)

☆乾燥した粘着パッドは使用してはいけません!!
(粘着パッドは、粘着面に含まれる水分によって、適度に電流が流れる仕組みに
なっています。水分が不足すると、やけど・発赤・痛みの危険があります)
逆を言えば、水分があった方が効く・・・ということですよね?
確かにお風呂上りの肌の方が、昼間の乾燥した肌よりも電気の伝わりが良く
効くような気がします。
P1070785 P1070786
そんなことから、乾燥してきた(パッドが古くなってきた)かな?・・・と思ったら、
使用箇所に天然水をスプレーして、少し潤いを与えてから
使うようにしています。
(本当に有効かどうかは不明ですので。
申し訳ありませんが、ご自身の責任においてお試しになってくださいねー)

 

天然水は、使用後の粘着面に吹き付けてから、保護シートに貼り付けても

乾燥を防げるので、良いようですよ。

P1070787
粘着面に汚れや脂が付着すると、劣化が進みますので、
使用する前に、汗や汚れをふき取っておくのも大事デス~
*粘着面をティッシュなどで拭くことは止めておいてくださいね!!
ティッシュがこびり付いて大変なことになるそうですので~*

専用パッドは1セット2100円と、割と高価なお値段ですので~
できるだけ丁寧に使って、少しでも長持ちするようにがんばってみてくださいねーーー!!

参考資料(取扱説明書より)
粘着パッドの使用方法